アスリートのつぶやき

ハードル競技って?そういえば詳しく知らないハードルの魅力!

ゆか

今年の梅雨長かったですね。ゆかです!

今回は、私がおこなっているハードル競技についてご説明します!

ハードル競技とは?

ハードル競技は、スタートからゴールまで設置される
10台の障害物(ハードル)を走り越えながら
いかに速くゴールできるかを競う陸上競技
です。

そもそも陸上競技とは
「走る」「跳ぶ」「投げる」「歩く」の基本技を中心とする競技。

つまり、人間が持つ超基本的な能力を極限まで高め、競い合う競技です!

ゆか

え、なんかかっこ良くないですか??(笑)

そんなシンプルな陸上競技の中でも、ハードル競技はイレギュラーかも。

「走る」と「跳ぶ」が激しく切り替わりながら行われる、、
ちょっとした複雑な要素があるんです。

どんな種目もシンプルに見えて実は複雑だったり、
難しかったりするんですけどね、、、

奥が深い、、、それも陸上競技の魅力かなぁと思っています!

ちなみに、七種競技、十種競技の中にもハードル競技は設定されています!
七種競技については、りこさんの専門競技なのでそちらもぜひ見てください!

ハードル競技の種類

一般的に行われているハードル競技としては以下の3種目です。

  • 100mハードル(女子)
  • 110mハードル(男子)
  • 400mハードル(男女)

距離は違えど、ハードルの数は同じ10台。

ゆか

私が専門としているのは100mHです!

ハードル競技のルール

意図的ではない限り、ハードルは何台倒しても大丈夫。
でも跳び越えなかったり、他のレーンのものを跳んだりすると失格になります。

ゆか

ハードルのバーを手で触ったら
意図的に倒したと判断されちゃいます!

また、跳び越える時にハードルの幅からはみ出してしまい、
その際にバーよりも足が低い位置を通過したと審判に判定されても
記録が認められません。

順位は10台すべてのハードル跳び越えてゴールした順で決まります。
スタートやフィニッシュは短距離種目と同じです!

ハードルの魅力って!?

ハードル競技は障害物がある分、レースに動きがあるので、
競技者としても観客としても、迫力があって楽しい競技です!

ただ走るだけじゃなく、
いかに加速したスピードを落とさずに走り続けるか、
いかにロスなくハードルを越えていくか、
たった100m、400mの中に意識することがたくさん詰め込まれています。

ゴールに向けて10個の課題(ハードル)を攻略しないといけない
その攻略の仕方は、選手ひとりひとりで異なります。

自分の特性を理解し、弱点、課題を攻略し続ける人が
輝けるのかなって思います。

まとめ

0.01秒、0.1cmの世界を追求し続けることは、
途方もなく、苦しい時もありますが、
一緒に頑張ってる仲間や応援してくださる人がいるからこそ、
もっともっと強くなりたい、もっともっと活躍したいと思うので、
日々成長!をかかげて、練習に取り組んでいきたいです!

ABOUT ME
ゆか
2020年4月入社 100mハードラー! 微力ながら、ためになる情報発信がんばります。