私たちの就活経験談ー佐藤編

ちなつ

セパタクロー、佐藤千夏の就活経験談です!

①就職活動の流れ

就活は大学3年の12月くらいから徐々に動き始め、最初は周りの先輩や、知り合いから紹介してもらった人材会社の説明会などに参加していました。

大学3年の12月から2月くらいまでは、人材会社に紹介をしてもらった企業の説明会に行ったり、面接練習などをしていました。紹介してもらった企業は競技をやめる方向で面接を受け、将来何になりたいか、何を目指すかなどを模索しながら進めていました。

就活を続けるうちに、自分が何をやりたいか見つけることができ、その後は競技を続ける方向一本で就活を行いました。
競技一本で就活を始めた時期は2,3月のころだったと思います。

マイナビアスリートキャリアや体育会系の紹介サイトに登録をし、アスリート社員を雇ってくれる企業を中心に探していましたが、一般の会社の面接に行って直談判で「アスリート社員を雇って頂けませんか?」などと交渉したこともありました。

しかし、最終面接までいかないとアスリート社員を雇うかわからない、雇ってもいいけど有休を消費して遠征にいってほしいとか、練習で早上がりするなら別日で残業してほしいなど、アスリートとしては厳しい条件ばかりでした。

実際に私は様々な方法で企業を探しましたが、一番就活をスムーズに進めることが出来たのは、マイナビアスリートキャリアに紹介してもらった企業に面接に行くことでした。

もともとアスリートを雇いたい企業を紹介してくださるので、話を進めやすかったです。これからアスリート社員として働くことを希望している方にはこの方法をお勧めします!

結果、マイナビアスリートキャリアに紹介していただいたジーケーラインに5月頃に内定を頂き、入社することを決めました。

内定後はアスリートとして働きやすい環境を親身になって考えてくださり、今では競技も仕事も集中して行える環境で働くことが出来ています。

②企業の探し方

競技を続けない方向で就活をするのであれば、一般的な大手人材会社に登録して面接に行ったりインターンに行くのが基本的な就活方法です。
大手に就職希望であれば、上記のような形が多く、ベンチャー企業に就職希望であれば、人材会社に紹介をしてもらったりする形が多いと思います。
ベンチャー企業だと12月や1月などの早い期間から応募が始まりますが、会社名が一般的に知られていないところも多いので、紹介などで会社を知る機会が多いかもしれません。
大手だと安定した経営のため安心して長く働くことができたり、ベンチャー企業であれば若いうちから大きなプロジェクトに関われたり、それぞれ良さがあります。将来、自分がどんな人生を送りたいかなど考えながら企業探しをするといいと思います!

競技を続ける方向(デュアルキャリア)であれば、マイナビアスリートキャリアを使うことをお勧めします。
マイナビアスリートキャリア以外にも体育会系の人材会社や、一般で応募して直談判で雇ってもらえるか交渉をする方法もありますが、探すのが結構難しかったです。もし有名な競技だったり、有名な選手であればセミプロとして企業に所属する方法もあります。
私が行っているセパタクローという競技は知名度が低いため、アスリート社員として働くか、フリーターで競技を続けるかの選択しかなかったですね。

実際に私はマイナビアスリートキャリアを使って今の会社に入社をしましたが、私の会社にはもともとアスリート社員はいなかったので、アスリートとしてどのような働き方をするか人事と話しながら今のアスリート社員の形を作りました。このように、今までアスリートを雇用していなかった企業に面接に行き、自らアスリートの形を作っていくのもいいと思います。

③気を付けたことは?

面接に行く企業の会社情報や、会社のビジョンなどは毎回確認していました。担当してくれる人の名前や社長の名前は絶対間違わないように、
会社に着く前に何回も見ていましたね。

面接の際に、意外によくある質問は「何か質問はありますか?」という質問。この質問は準備をしていないとなかなか質問内容が思いつかないので、面接に行く前に考えてから行くようにしていました。
他の就活生と被らなくて、会社に対してしっかりと興味を持ていることが分かる質問が出来ると面接官にいい印象を与えることが出来るかもしれません。

あと、最近は一次面接でグループディスカッションを行う企業が増えている印象があります。グループディスカッションでは、協調性やリーダーシップなど様々なスキルを見られていると聞きます。そのため、グループディスカッションで違う意見や自分の意見を述べる際には、他の意見を尊重しつつ、否定というより新たな提案をするイメージで話すと柔らかく聞こえると思います。
企業側がどのような人材を欲しているか、雇う側の気持ちになって考えるといいかもしれませんね!

④失敗談

競技を続けない方向で就活をしていた時に、とある人材会社に企業を紹介してもらって面接受けていました。紹介してもらっていた企業で、とても興味のある企業があり内定がもらえるように準備をしていました。1次面接前のグループディスカッションの際に、人材会社の担当者に今回は履歴書が要るか聞いたところ要らないよといわれたため、履歴書をもっていかずに参加をしました。しかし実際には他の就活生は全員履歴書をもってきていて、私だけ忘れてしまうという失態を犯してしまいました。たとえ人材会社の紹介で担当者がついていたとしても、しっかりと自分で持ち物や当日の必要事項などを会社の情報などを見て確認すべきでした、、、。
就活は自分の将来に大きくかかわってくるものになりますので、人任せにせずに、しっかりと自分で確認し責任をもって行動するようにしてください!
そうすればきっと自分が働きたい企業に勤めることが出来ると思います!
頑張ってくださいね!!!

ちなつ

就活は大変ですが、将来のためにも今こそファイトです!!