お仕事

営業と競技の共通点を認識したアスリートキャリアスクール!【中村編】

8月に、2日にかけてマイナビアスリートキャリアさんのアスリートキャリアスクールを受講させていただきました!

今回はその内容や感想について書いていきます!

アスリートキャリアスクールとは

マイナビアスリートキャリアさん主催の研修です。

アスリートにとって必要な「競技力」と
社会で活躍する上で必要な「ビジネススキル」双方の向上

を目的としたスクールです。

現役アスリートであれば誰でも受講可能なので
気になる方は下記ボタンより詳細をご覧ください☆

”マイナビアスリートキャリア”とは…?

大手人材広告企業のマイナビさんが運営していて

  • 学生アスリート支援
  • デュアルキャリア支援
  • セカンドキャリア支援
  • スポンサー支援

主に上記のようなサービス行っています!

私がジーケーラインに入社するに至ったのも、マイナビアスリートキャリアさん経由のご縁あってのことでした。

  • 経済面での不安
  • 競技引退後の就職が不安
  • アスリートの特性を活かした職種わからない

といったアスリートに向けて、支援を行ってくれています。

こちらも、気になる方は以下のボタンをクリックして
詳細をご覧ください~☆

デュアルキャリアアスリート育成のために

ゆうき

ここからは、実際に行った内容について書いていきますね~!

今回、スクールで行っていただいた内容は以下の通りです

アスリートキャリアスクール実施内容
  • 1日目…チームで働く力
  • 2日目…営業基礎力

1日目 チームで働く力

1日目は競技にも仕事にも関係する「チームで働く力」というテーマ

  • 成功するチームの秘訣
  • リーダーの資質と自己分析
  • 指導者と指導力+自己分析

上記のようなことを、自己分析も交えつつ、教えていただきながら、ワークとして自分たちで考える時間を取りながら行っていただきました。

みんな真剣~!

指導力の分析で、自分のタイプを診断したのですが、私は「コントローラー」と「プロモーター」両方が同点、つまり同じくらい高いタイプでした。

ゆうき

自己主張モンスターと自分の中で自分にあだなを付けました。笑

逆に点数が一番低かったのは「アナライザー」タイプで、とても納得。

自分の弱い部分も見えたので克服していこうと思います。

アスリート社員同士でお互いの結果を見比べたら、それぞれ高得点が出たタイプが異なり、でも「あ~納得」というような結果でもあり、それぞれの個性が出た結果となりました。

ちなつ

「コントローラー」

ゆか

「アナライザー」

なぎさ

「アナライザー」

りこ

「プロモーター」

2日目 営業基礎力

2日目は、新卒アスリート社員5名が全員営業職ということもあり、「営業基礎力」についてジーケーライン仕様で、さらに一歩踏み込んだ実践的な内容で話していただきました。

  • 営業に必要なステップ
  • ジーケーラインの3C分析

上記について、それぞれ自分で考える時間やワーク、発表の時間を取りながら進みました。

1日目とは少し違った座席配置になりました!

事例をあげつつ営業に必要なステップを教えていただく中で、今の自分に足りないものはお客様からのヒアリング能力空気を読まないことだと感じました。

ヒアリングについては、幾通りにも変化する会話の流れの中で必要項目を全て聞くのは簡単ではありませんが、試行錯誤しつつ、なるべく相手に話してもらうことを心掛けて業務を行っています。

また、「空気を読まない」というのは、私がお客様の出方をうかがいすぎて提案まで持ち込めないということが多かったので、そのタイミングで意識をして空気を壊していこう!(=空気読みすぎて一歩引いちゃいがちなので、気持ちとしてはぐいぐい提案しているくらいがちょうど良い)と思うようにしています。

+堅くなりすぎず、友達と話しているような感覚で話すという点もしばらくの目標です!もちろん、くだけすぎて言葉遣いが荒くなって相手に不快な思いをさせてしまうのは絶対NGなので、節度を持って、でも堅くなりすぎないように話すことを心掛けています。

ゆうき

あくまでもサポートとしてお客様からいろいろご相談いただけるような話しやすさを出していきたい!ということです

3C分析は、自社の置かれている市場、競合他社について分析を行うことです。ジーケーラインの商材の強みや、他社さんとの違いなどを再度確認して落とし込むことで、新卒研修の振り返りの時間にもなったように感じました。

アスリートキャリアスクール全体を通して感じたこと

1日目の相手の主体性を引き出す行為に傾聴ペーシング質問という項目があったのですが、これは営業の時も同じだと感じました。

誰でも、話を聞いてくれない相手には進んで話をしないように、結局人と人のコミュニケーションなので、チーム作りであっても営業であっても、基礎となるコミュニケーションに関しては大差はないのかな、とそんな風に感じました。

また、これは他のアスリート社員からも出た意見だったのですが、
営業職も競技と通ずる部分があって、できないことはトレーニングをしないとうまくはならないです!

無意識でできない

意識してできない

意識してできる

無意識でできる

というように、段階を踏んで習得していく事が重要ですが、それぞれの”→”の中には必ず”トレーニング=教えていただいたことの実践”が入ります。

競技もコーチから教えてもらったことを実践して、自分の感覚に落とし込み、反復練習をして無意識下でコントロールできるようになって初めて技術の習得になります。

営業もそれと同じだな、と感じると共に、アスリート社員としてそこは今までの経験を活かせるポイントでもあるので、まずは失敗を恐れず!教えていただいたことの実践・挑戦をしてみようと思います!

(写真撮る一瞬だけマスク取りました)
ゆうき

山中さん、松岡さん、鍵さん、ありがとうございました!

ここまで読んでいただきありがとうございました!
また次回の記事でお会いしましょう!

ABOUT ME
ゆうき
2020年4月入社 トランポリン競技をやっています! 仕事も競技も全力で!日々のあれこれについて発信していけたらと思います。